MEDITATE ONLINE

タグ:Youtube ( 23 ) タグの人気記事

[30aHEADS]03-02: 鈴木洋見(Dai)さん

『世界家族構想カフェ&ギャラリー』
良画質&フルコンテンツはブログメンタリーで → http://greenz.jp/gigimaki/?p=2086






<3月24日(火)からコニカミノルタで写真展が始まりました>詳細はこちらから
[PR]
by mgigi | 2009-03-26 22:58 | BLOGUMENTARY

[30aHEADS]03-01: 鈴木洋見(Dai)さん

『インドの狂犬、キックへの道』
良画質&フルコンテンツはブログメンタリーで →http://greenz.jp/gigimaki/?p=2030





<3月24日(火)からコニカミノルタで写真展が始まりました>詳細はこちらから
[PR]
by mgigi | 2009-03-25 18:21 | BLOGUMENTARY

kutiman from israel


ねりこは同じクラスに背が倍もあるくらいのRちゃんという親友&ライバルがいる。
Rちゃんはフランスと日本のダブル。ダブル同士、関係あるのかね、ないのかな。

保育園から毎日持って帰る、「あゆみ」という日記帳。
保育士さんがねりこの一日のスケジュールと、
その日の出来事をすごく丁寧に書いてくれて、ここ数年間、
このあゆみを読むことは私にとってかなりテンションのあがる日課になっていた。
おもしろいんだもん、保育園でのねりこが。

このRちゃんとねりこは、同じ人形を使いたいということでいつももめるらしい。

その欲しい人形を自分が1番に取るために、お互いマッハで昼食を食べるらしく
保育士さんがみかねて、お昼ご飯後の人形遊びは禁止するはめに
だから、落ち着いて食べなさい、、、と 笑
でも最近はじゃんけんができるようになって、どっちが使うか相談するようになったと
でもそのじゃんけんも勝敗の結果はぐちゃぐちゃで、
あいこになっても、

“私かったー!”
“しょうがないなー”

とかやりあっているんだって

で、今日は、ご飯を食べる前に二人でこそこそ相談し、
どっちが使うかを決めてからゆっくりご飯を食べることにしたらしい
そんな知恵がついて…

どんなに仕事で疲れていても、
保育園にお迎えに行くとそれがふっとぶ、本当に不思議な子どもパワー
大好きです

今日は保育園でぷりぷり怒っていたことを聞いたので、
帰りの自転車で、なんでぷりぷりしてたのー?と聞いたら
だってさ〜と
いっちょまえに愚痴るんだよね
笑える
楽しい
いやー、楽しい

すんげー楽しいんですなんか

一緒に餃子作ったりするのとか

幼稚園とか保育園の相談をしたりするのとか

今日始めておとずれた幼稚園でねりこは興味深々
最近、このむすめ結構タフだなと思うこと数多く
私が小さい頃に比べて全然タフです
私はかなり引っ込み思案だった記憶がある
今ではかなりタフですが
だから別にどっちでもいいんですけど
ただ一緒に旅をする日が容易に想像できて、その日が楽しみです 
うしし

最近、寝言で

「それ、ねりの!」というのが、Rちゃんとのやりとりの続きなのかと思うと
笑いが止まらないわけです


さて、kutimanとはイスラエルのmusicianだそうで
おそらく有名ではないのでしょうが、
youtubeにアップされている音源をつなげて、新しい音楽を作ってます
本業は普通のmusician

shing02さんのブログで紹介されていて、
おっしゃる通りセンスが大変よろしく、ご紹介します

from shing02さん
イスラエル人のKutimanというミュージシャンがyoutubeのビデオだけを使って作曲した映像作品を出しました。昔よく編集したビートボックス映像なぞ人気になってましたが、これは別次元です。なんと言っても、全曲渋くて素材の選び方の(有り得ない)センスが良いから尚更画期的です。カット割りも編曲も超カッコ良いし、鬼すげー。どうしてこういう神業が出来るかと言うと、音階とテンポが合ってれば何でも合うからですねえ。(サンプルを重ねた音源もそうですが)いやあ、音楽は素晴らしい。音質なんか関係ないっすね。




[PR]
by mgigi | 2009-03-06 00:01

他者との交流ができるような状態に自分を整える


お母さんの手によって、息子が脳死した。

ニュースのヘッドラインを読んで、身体全体が重力という“鎖”を感じた瞬間。
読みたくないけど、同時に読まずにはいられない。
これに対して自分の中に意見というものはなく、ただただ願う。
癒されてほしいと、誰もが。
社会性のある生き物である限りストレスはつきもので、
人の痛みをお互いで認め、受け入れることで、そこに癒しが生まれる。
人間という群れの生き物である限り、誰かの幸せも不幸せも社会全体に、
自分に影響する。

「自分自身、自分の魂を守っていくことは根源的に大切なことです。自分を大切にすることは決して自己中心的なことではありません。エゴでもありません。自分を大切にすることは、他者との交流ができるような状態に自分自身を整える行為といえます」

サティシュ・クマール


さて、プリチーな動画を紹介します。


[PR]
by mgigi | 2009-03-03 08:50

Why I can Smile


まだまだこれからというスタートラインに立ってはいるものの
今まで、半分は自分の手で“勢い”を作り続けて来たから、
自分の息をペースダウンする意味も含めて
少しだけ、すでに、
結構がんばったな、と振り返っています
今日までの行為を、もしスーパーのタイムサービスに置き換えてみると
かなり突っ走って、自分の欲しいものをゲットしたぜ!!!ぜーぜーぜー
というエネルギッシュさがあった
人ごみを生理的に避けるタイプの人間にとってそれはビッグチャレンジ

そのくらい自分の中で勢いを作り続けなければ、
私の中にある、後回しとか先に伸ばすとか、という部分が
私の夢をまた夢のままに戻してしまう可能性が大だった
安全な丘まで上った今、こうして来た道を眺めながら
止まらずに歩いてきた自分をやるな、と思う

旅とか学校とか結婚とか出産とか、
いろいろ今まで、勢いによってできたことが一杯あったけど、
自分の、自分だけがそれが何なのか分かるそれに手を伸ばして
上へ上へあげて、外に出すという行為は、
それが自分だけにしか分からないものであるが故に、
簡単にしまうことができるものでもあるから
自分の癖を熟知しているが故、
やり遂げるにはその癖を完全に忘れたふりをする他なく、
ということは、
新しい自分に生まれかわるという機会を得たのかもしれない、と
少々大げさに、
でも本当にそう感じていたりします

greenzを元々訪れる人たちの数が多いのだろうから、
それに便乗させてもらったという環境も手伝って、
もちろん私の友達たちも含めて、
データという“数”だけを観れば、
1人だけで始めた場合とは5倍くらいの人たちが観てくれている計算で、
でも見続けてくれるか、というのはこれから私もいろいろと試行錯誤しながら、
ブラッシュアップして行く必要があるんだけども、

そういうことを身体で体感すると、
友達のメールにもあったように、
まずは発信したもの勝ちだと、本当に思う
作品というものは、永遠に発展途上にあるものだから
自分がどう思われるのか、に囚われなければ
まずは形にすることを、人の目に触れる場所へ持って行くことを
心からおすすめしたい

それは自己満足、というある意味とっても純粋な心から発生したものだし、
そういうピュアなエネルギーがは繋がり続け、生み出し続けて行く
そういう中に苦労やうまく行かないことがあったとしても、
ポジティブなエネルギーの中にそもそもいるから、
創造/想像というプロセスが止まることはないというすごいクリエイション

k'naanが言っていた
人はすぐに、アフリカ大陸にある悲惨さに対して、
かわいそうだという目でみるけれど、
そうじゃないんだよ
過酷な体験をしたからこそ、僕はこんな笑顔でいられるし、
人間の尊厳とか、
感謝するということに対する理解がものすごいハイレベルなんだよ、と

恐れないこと

自分が1人の人間、であること
自分の命を生きている、という感覚
産まれてきた時の、自分の勢いを、もう一度思い出そう

Emancipate yourselves from mental slavery
None but ourselves can free our minds
♫〜

↓ SOL GUY (K'naanのマネージャーであり、アクティビスト)



言っていること全部分からないけど、あ〜分かるよー君の言いたいことー
と思う 笑
[PR]
by mgigi | 2009-02-04 22:55

Dusty Foot Philosopher


k'naanというアーティストに、最近魅了されています

BLOCK PARTYという映画を観てから、
ヒップホップの持つエネルギーに惹かれ始め、
だからと言って家で聞くわけではないんだけど、
彼らのメッセージから受けるエネルギーが私をとにかく引きつけるわけです

元を辿ればそこにはボブ・マーリーがいるんですけど、
デジタルな音楽が私に与え続けてくれるマントラ的なエネルギーとはまた違う、
はっきりとしたメッセージたちはストレートに胸に響きます

k'naanという彼は、ソマリア出身で
ソマリアという国は現在も無政府状態が続き、
彼も移民としてNYに渡る前は、
銃を扱い、また銃を掃除することができたといいます
今でも彼の祖国ではその状態が続き、だから僕はこうしてヒップホップという
道具を使ってそれを伝えている、といいます
世界には、誰かが伝えなければ、知られることがない現実の方が多いわけです

昨日読んだBIG ISSUEでも
子ども兵士の話が取り上げられていて、
女の子たちは2つの戦いを強いられている、と書いてありました
一つは兵士として戦場に出ること、
二つ目は兵士の妻として仕えること
時にはお腹に子を宿しながら、
時には子どもをおんぶしながら戦場に向かうといいます

そういう現実が、今まさに、この瞬間に起きているということです

私たちはタフじゃなきゃいけない、と思います
こういう現実に心を痛めるだけではだめなんです
よわっちくてはだめなんです
なぜなら、
生きる、というのはもっと力強いものです
命がある、というのはもっともっと叫びがあるものです
どんな人生を送るにしろ、少なくとも
命というのは持て余すものではないことを思い出した方が何倍もいい
この地球に存在する一人一人の人間の集合体が1人の人間ということです

それをユーモアと、表現豊かなメロディで届けているのが
このk'naanという彼
美しいです、単純に存在が、笑顔が
犬式の次に買うCDだなーと思います

↓最後まで見てみると、涙がでるーーー こういうsynergyたまらない


*ヒップホップにもいろんなジャンルがあるらしく、
こういうのはオーガニックヒップホップと言うようです
覚えた歌詞を歌うのとはわけが違うから、
アドリブの表現力が素晴らしい!


[PR]
by mgigi | 2009-02-03 07:26

お産の次に体力消耗


したのが、今回のインフルエンザな気がする
すっごい体力を消耗するんですねー
今はまだ8割くらいしか元気がないけど、いやはやとっても深く眠れます

考えてみたらインフルエンザっておそらく人生2回目くらいか、
もしかしらた初かもしれない
考えさせられますねー ウィルスと人間について

まず、後世のことを考えるのならば
予防注射とかタミフルとかリレンザとかそういう類いを安易に接種するのは
よろしくない
僕らの娘や息子やそのまた子どもたちが、どんどん強いウィルスと戦うはめになる
ウィルスは生き物だからどの生き物でもそうであるように、この世界で生き残ろうとする
だから人間が作り出す薬に負けないようにどんどん進化する
どんどん進化すれば人間もどんどん薬を改良する
という繰り返しの結果、ものすごい強靭なウィルスが誕生する
人間の技術に終わりがあっても、ウィルスの進化に終わりはない
しかも人間は、特に日本人の生活様式を眺めてみれば
長生きはしているかもしれないが、生命力は強くない
生命力が弱くなっているのに、ウィルスが強くなったらどうなるのさ〜

できる限り自力で治しましょう、という提案

看護婦の友達も言ってました、
予防注射もタミフルのような新薬も、見せかけだけだと
自分のけつは自分でふこう
薬のことも、ウィルスのことも、できるだけちゃんと自分で勉強しましょう
身体はとってもうまく出来ています

パワーアップするから
生命力が
自己治癒すると

しかも、嬉しいかな世の中には
自己治癒力を手助けしてくれる西洋の漢方も東洋の漢方もいっぱいあって
こちらだってもちろん勉強は必要だけども
しかも、幸せかな日本人は
そういうありがたい物に手が出せる経済力や自由がある
私たちは、手に余るほどの自由を手にしている

世界を勉強して、その自由を循環させましょ

Don't be afraid 〜♫
インフルエンザは怖くないよ〜♫




[PR]
by mgigi | 2009-01-29 09:14

TENORI-ON


もう、購買意欲がどんどん減少しているんだけど、

いづれ、朝起きて摘みたて野菜を食べる生活になっても、

やはり、こういうおもちゃは部屋に転がっているのがいい


ほ、ほすぃーーーー

友達が持っていた うらやましくて仕方がない
調べてみたら、12万!!!驚 ありぇぬぁーい 
買えないと分かると不思議、興味がなくなる 笑

でもこういうおもちゃ、とっても素敵だと思います



http://www.yamaha.co.jp/tenori-on/features/index.html


飯島愛さんが死んでしまった…
なんとなく普通の感覚の人で好きだったなぁ
ノイローゼで通院していたって書いてあったけど
医者が出す抗うつ系の薬は人を殺していくって誰かが言ってた
筑紫哲也さんも医者に見せてなければ今ごろ生きていたって
私は内情は知らないから適当な意見なんだと思うけど
完璧なものなどないんだし、全ては過程にある「状態」だから
そういう真逆の意見も世の中にはあることも
自分もいづれ医者にお世話になる時は
セカンドオピニオンとして持っていたいと思う
ご冥福をお祈りします

うつになったら、薬を出さない先生を探そう
[PR]
by mgigi | 2008-12-25 08:44

メリークリスマス




以前、さだまさしさんがTVで自分は怒っているんですと言っていた
私は怒っているんだという言葉をTVで聞くのは新鮮だった
で、その後にこの歌を歌っていた

喜怒哀楽の怒の部分をひっこめる日本人の口から、怒っていることを聞きたくて
ビデオプロジェクトの質問の一つにしたんだけど
数年前に聞いた彼の言葉が思ったよりも衝撃的だったのかもしれない

親になった今、歌詞の意味がもっと私の奥まで届く

Merry Xmas〜 ♫
[PR]
by mgigi | 2008-12-25 03:40

hallucinogen interview


彼の音で踊りまくった後、彼が紡ぎだす音の世界に涙しながら
「サイモンは本当にやさしい、愛に溢れてるー」なんて良く言ってたけど 笑
彼やっぱりとても謙虚な人だと思う

最近のインタビューのよう

全然普通の人だもんね いい人だ





あぁ、踊りたいっ ↓ 少しだけplayしてるよ





9年ほどまえの彼のインタビュー、私もyoutubeにアップすればいいんだ
自分の質問に赤面してしまったりするんだけど、まぁいいし
あの頃の自分の英語は本当にうまかった!

ま、いいさ♫
[PR]
by mgigi | 2008-12-22 14:00