MEDITATE ONLINE

タグ:子育て ( 10 ) タグの人気記事

遊ぶ

子どもは遊びの天才だ!とよく言うけれど、
そりゃそうだよね
寝ている時以外、ずっと遊んでるんだもん

実家のお風呂に(肩までお湯がたっぷりでさいこ〜)ねりこと入った
私はさっさと用事を済ませ、ぷぁ〜〜と湯船に入った
でも彼女は湯船に入る気が全くない
湯船に浸かるために入っている私とは違い、
石けんや身体を洗うタオルは遊び道具で、
洗い方から流し方全部が彼女の即興の遊び
本当に関心する
お風呂に入る時のマニュアルがまだ出来上がってないこの年に
本当にいろんなクリエイティビティを育てていくんだと思うと、
何も口出しする気にならず、ひたすら観察してた
おもしろいんだよね〜いちいちやることが
全く意味がないんだけど、おおあり!、みたいな

この時期の子どもたちって、“生きる”ということを最も純粋に表現している気がする
この子たちが、お風呂もご飯もバスに乗ることも
靴をはくこと一つ一つを遊びとするならば
それがきっと、生きるということそのものなんだと思う

とにかく何をしていても、それは「遊び」
大人が使う「遊ぶ」という言葉ではひとくくりにはできない
もっともっと奥が深くマジカルだ
一般的に、親から学ぶことは、今の時代に通用する社会ルールだとすると、
彼らが遊びから学ぶことは100年後の世界でも通用する“生きる”ということとの
関わり方そのものだと思う
遊びを通して泣く事だって多いし、悲しいことだってある
いいことばかりじゃない
人との付き合いも学ぶし、恐怖心を克服したり、人にやさしくなることを
学んだりする
彼らの遊びを見ていると、そこには
体育も音楽も道徳も社会も理科も国語も入ってるように思う

遊ぶ、という行為は奥が深い
大人が日々働く、ということ以上に真剣だったりする

だから私は、彼らから
遊ぶ、という人生の本質的なエッセンスを改めて教えてもらっている
子どもたち本当にありがとう
押し付けがましさなく 笑、
とても大切な、人生との関わり方を見せてくれている

a0003085_23534898.jpg

a0003085_23441198.jpg
@渋ぽかぽか天気@渋谷のど真ん中 周りに浮浪者のおじさんが寝ていた 
子ども達は少しだけたまった雨水を蹴るように何度も走っていた

[PR]
by mgigi | 2009-05-25 23:07

Change

今月末だった沖縄が、来月末に
石垣島から離島めぐりをしようと思っていたら、宮古島に
Change~!!!

私は一部だけを支払うだけでいいという感謝の方が大きい旅、
どこへでも連れてっていただけるだけでありがたい
歳を重ねるごとに本当に、いろんな変化がたんたんと受け止められるのね


誰か、宮古島の情報あったらくださいな~

今までいただいた石垣&離島の情報は次回に活躍させていただきます~

みんなが本州に戻ってからも、ねりこと2人で2日ほど延泊しようかなと
ねりこに相談してみたら、
いいよ~だって

最近、朝起きたらずっと歌いながら一人でおえかきしたり、人形と会話してたり
機嫌がいい 
前は怒っていた小さなことでも、説明すると「あ、そっか~」とか言うようになって
チャンネルが切り換えられるようになって、気を抜いて生きているのが分かる
「魔の2歳児」と呼ばれるのがひと段落したのかな それだけ成長したんだな~
ねりこも私も

そうすると、育児がとても楽になってまして、
こうやって楽になったら楽になったで、
私自身の許容範囲がまた元に戻ってしまうのが、悲しいかな
もういろいろできるようになってくると、いろいろできるとと決めつけてしまって
そうやって付き合うと、ちょっとしたことで、イラっと来たりするのよね
せっかく広くなった私の許容範囲も、そのまま広いまま
心を広いままにするように心がけよう

あ~、でも楽になると尚更楽しさが倍増

楽と楽しいという字が同じなのがよく分かる~


こっちは、全然楽じゃない話


Invisible Children
* Menuをクリック、Watch the Movieね

下村靖樹さんというフォトジャーナリスト
[PR]
by mgigi | 2009-05-21 12:18

ツチオーネ@九品仏

a0003085_12511463.jpg
出来やした
喜んで常連になりたいお店がすぐそこに
保育園のすぐ近くに

なにがって、
美味しいんです、とっても
ニコニコしちゃうんです楽しくて

朝、畑から取ってきたオーガニック野菜を使った料理と、
元々、若いお母さんからの要望があってできたレストランだから
子どもと一緒にワイワイ行ける
ねりこもばくばく食べる
シャイもまんざらでもない顔でオーガニック
スタッフ同年代
高くないし全然 1,000円から高くても1,800円だった
外食したいときは、当分ここにお世話になりたい

近くに来たらぜひ行ってみてね♪

なんか安心する 毎日が
ああいう空気や人や笑顔が周りに増えていくと

■■ツチオーネ 自由が丘店■■(←クリック)
【住所】  東京都世田谷区奥沢6-26-10
【TEL】  03-5706-0707
【OPEN】 10:00~22:00、日祝10:00~18:00
【CLOSE】 火曜日
※東急大井町線「九品仏」駅より徒歩1分、東急東横線「自由が丘」駅より徒歩12分

*ランチタイムは込んでるみたいです
*大地を守る会の会長 藤田さんとソトコト編集長 小黒さんのラヂオ対談  【Podcasting 第158回】 藤田和芳さん

a0003085_12454728.jpga0003085_12461143.jpga0003085_12461978.jpga0003085_12462927.jpg
言葉の覚書: 

リーダーシップの要素のひとつに、「参加する」ということがあります
つまり、そこに踏ん張り、責任を全うするということです
もし参加しなければ、単に誰かほかの人にやらせて、何とかやり過ごすということになります
リーダーシップとは、未来をつくること
指導者として未来をつくり、動かすのです
未来を、成りゆきでやってくるもにしてはなりません
そのために、いかに行動すべきか、考え方の基本となる枠組みを提示するのがリーダーの役目なのです

ロメオ・ダレール (元国連平和維持部隊司令官)

We are our own leaders of our lives♪
[PR]
by mgigi | 2009-04-23 07:46

タミさんのパン焼き器


近頃欲しいものが本当に何にもなくて、誕生日に何が欲しいといろんな人に聞かれても
答えることができなくて、現金をいただいたりした 笑。

でもあっ、これ欲しいぞ!と久しぶりに思ったのが、このタミさんのパン焼き器。 
「買うものを一つ減らして、作るものを一つずつ増やす」ーこれからの私のスタイル。
オーブンとか炊飯器がない人でも、本気だったらフライパンでもやっちゃうんだろうけど、
私の場合、簡単で楽しくないとなかなかね ぼそっ。この南部鉄の存在がワクワクする。

http://www.slide.com/r/pFj0nc7byz8r2hHDRDUAwLZ1GZb89H4p?previous_view=lt_embedded_url

前日の日記にも出て来た、ラスタマン&ガラス職人のTAKUMAさん&香里さんが
つい先日開いたパン教室&勉強会の模様です。参加人数がすごい、しかもみんなメンズ?!。
ちゃんとノート取って。それにしてもめちゃめちゃおいしそう。
パン教室があるよって聞いたとき、うわー行きたいと思ったけど、残念ながら断念。

いつもこの平屋コミューンにお邪魔すると
奥さんである香里さんの手料理を私も一緒にいただけて、それがすっごく美味しいの。
1回目はおうどんと玄米コーヒーで、2回目はお味噌汁と玄米焼きおにぎり。
香里さんのパン教室、次回があったらここでお知らせするので、希望者は一緒に行きましょう。

a0003085_9114116.jpgこれもって今年はキャンプにいくぞーーーー!
http://www.oigen.co.jp/


TAKUMAさんブログ:http://blog.livedoor.jp/takumaglass8/
[PR]
by mgigi | 2009-04-15 08:40

kutiman from israel


ねりこは同じクラスに背が倍もあるくらいのRちゃんという親友&ライバルがいる。
Rちゃんはフランスと日本のダブル。ダブル同士、関係あるのかね、ないのかな。

保育園から毎日持って帰る、「あゆみ」という日記帳。
保育士さんがねりこの一日のスケジュールと、
その日の出来事をすごく丁寧に書いてくれて、ここ数年間、
このあゆみを読むことは私にとってかなりテンションのあがる日課になっていた。
おもしろいんだもん、保育園でのねりこが。

このRちゃんとねりこは、同じ人形を使いたいということでいつももめるらしい。

その欲しい人形を自分が1番に取るために、お互いマッハで昼食を食べるらしく
保育士さんがみかねて、お昼ご飯後の人形遊びは禁止するはめに
だから、落ち着いて食べなさい、、、と 笑
でも最近はじゃんけんができるようになって、どっちが使うか相談するようになったと
でもそのじゃんけんも勝敗の結果はぐちゃぐちゃで、
あいこになっても、

“私かったー!”
“しょうがないなー”

とかやりあっているんだって

で、今日は、ご飯を食べる前に二人でこそこそ相談し、
どっちが使うかを決めてからゆっくりご飯を食べることにしたらしい
そんな知恵がついて…

どんなに仕事で疲れていても、
保育園にお迎えに行くとそれがふっとぶ、本当に不思議な子どもパワー
大好きです

今日は保育園でぷりぷり怒っていたことを聞いたので、
帰りの自転車で、なんでぷりぷりしてたのー?と聞いたら
だってさ〜と
いっちょまえに愚痴るんだよね
笑える
楽しい
いやー、楽しい

すんげー楽しいんですなんか

一緒に餃子作ったりするのとか

幼稚園とか保育園の相談をしたりするのとか

今日始めておとずれた幼稚園でねりこは興味深々
最近、このむすめ結構タフだなと思うこと数多く
私が小さい頃に比べて全然タフです
私はかなり引っ込み思案だった記憶がある
今ではかなりタフですが
だから別にどっちでもいいんですけど
ただ一緒に旅をする日が容易に想像できて、その日が楽しみです 
うしし

最近、寝言で

「それ、ねりの!」というのが、Rちゃんとのやりとりの続きなのかと思うと
笑いが止まらないわけです


さて、kutimanとはイスラエルのmusicianだそうで
おそらく有名ではないのでしょうが、
youtubeにアップされている音源をつなげて、新しい音楽を作ってます
本業は普通のmusician

shing02さんのブログで紹介されていて、
おっしゃる通りセンスが大変よろしく、ご紹介します

from shing02さん
イスラエル人のKutimanというミュージシャンがyoutubeのビデオだけを使って作曲した映像作品を出しました。昔よく編集したビートボックス映像なぞ人気になってましたが、これは別次元です。なんと言っても、全曲渋くて素材の選び方の(有り得ない)センスが良いから尚更画期的です。カット割りも編曲も超カッコ良いし、鬼すげー。どうしてこういう神業が出来るかと言うと、音階とテンポが合ってれば何でも合うからですねえ。(サンプルを重ねた音源もそうですが)いやあ、音楽は素晴らしい。音質なんか関係ないっすね。




[PR]
by mgigi | 2009-03-06 00:01

保育園、落選


ねりこが通う保育園は満2歳児までと決まっているので、
来年度からは新しい保育園に通うことになっている。

私立、公立の保育園を申し込んだ世田谷区民で、申し込みが通らなかったのは
約500人以上。その中の1人になったのがうち。ぐげげげーーーーー

ということで、今更ながら幼稚園を見学したり、新たな人生計画を立ててみたりしています。

家の近くに2年ほど前に新しい私立の保育園が出来たときに、
やっぱり申し込んでいれば良かったのにね、と言われた。もっともな意見!
だけども、それはそれでそうじゃないのだ。

新しい保育園に移るかどうかという選択を前に、
私たちは通っている保育園に残ると決めた。
先のことを考えてって言われても、今より大切なものってあるかい?
その時、ねりこがいるその環境にとても大切にしたいものがあった。
だからそこから離れるほど知らない先のことが大切には思えなかった。

だから、今回こうやって次の保育園が見つからない状況になっても、
自分たちで決めたことの結果だと受け止められるし、
同時に、
この状況によって生まれる新しいチャンスというものが確実にそこにあって、
私にとっては、こういうことが人生の“選択”だと思っている。
そのチャンスをいかせるメンタルな準備ができていますか?、と聞かれたら
私はやっぱり、できている、と答えられる。

やるべきことを怠って招いた結果を、
運命とか必然と後づけするのは私は嫌いだけど、いづれにしろ、
結果というものは積極的にダイナミックにいかせばいいと思う。

それにしてもね、どこにも行けなくなったら
今の保育園は一個上のクラスを臨時で作ってくれるという。
家庭の事情、働く家庭を応援してくれる。
一方で、顔を出した「幼稚園」は、親の都合ではなく子どもを1番に優先する。
だからこの年の子どもはできるだけ親と一緒がいいので、延長はほとんどない。
それでも時代の流れに対応して、延長保育も検討してくれるているという。

それぞれの理念があってそれを大事にしていることが素晴らしいし、
目の前にいる人を積極的に受け入れようとすることが更に素晴らしい。
方法は違えど、お互いを尊重し、応援し、大切にしているやさしさー
人のやさしさに溢れた世界ー
雨が続いた後の晴天

やさしくて温かくてたまらない

感謝
[PR]
by mgigi | 2009-03-05 12:03

つわものの出産経験者

さっき保育園のママ友から夕食時に聞いた話

この間の土曜日は保育園でのもちつき大会が開かれた
私は参加しなかったうちあげで、どうやら“出産の経験話”になったらしい

で、そのママ友自身の出産話がかなりうけるんだけど、
ちゃんと説明できないから細かい部分は省くけど、とにかくすごい出産話なわけ
助産院へ向かう車の中で、足を上にあげ、
窓に押し付けて叫びながら我慢をしていたのとか、
助産院に着いてから、車を出て後は四つん這いになって道路を渡ったとか、
話し方がまた上手だから文章ではおもしろさが伝わらないんだけど、
極めつけは、子どもを産んだ後に、母の身体から出てくる“胎盤”
血の塊のようなそのコラーゲン豊富なその胎盤を、夫婦はわさび醤油で食べたのだ

しかし、彼らを上回る経験者が保育園にいた、という報告

1人はさ、間に合わなくて「もう車の中で産む!」って一緒にいた母に
告げたらしいの
で、無事に車の中で自分で産んだ
それだけでびっくりな話なんだけどまだ続きがあって、
一応、救急車を呼ぼうということで、その母は車の外に出て救急車を待っていた
でもなんと!サイドブレーキを引き忘れてたわけ 
慌ててるもんねー
で、無事子どもを産んだ彼女は車の中で、おっぱいをあげていたんだけど
車がずずずっと動いているのに気づき、
おっばいをあげながら立ってしがみついた!!!
そのとたん、胎盤がべべべっと出た!!!!

もう1人は、
そのママ友が胎盤をさしみ醤油で食べたって話に関連して、
この彼女は、胎盤を食べきれず(そりゃそうだ!すごい量だもん)
家に持って帰り、
旦那が血抜きをして、ワイン煮にして食べたんだってよ!!!!
ありえないくらいぶっとんでる…
しかも、子のへその緒はそのまま今も冷凍庫に入ってるんだってー

この保育園、本当にそういう人たちが多い…

そういうことをあっけらかんとしてやり遂げる肝っ玉な感じが好き

今年でこの園とはお別れだけど、
こういう働くままたちが近くにいると思うと、すげー力が湧いてきます

これから出産を控えている方、
痛いけど怖がるものではないことが分かるかな 笑
もちろん出産にはいろいろなパターンと場合があるので、どんな方法であれ
無事に産まれてくることだけで本当にありがたいことです
でもやっぱりこういう話はおもしろい!!!

*胎盤ってね、子どもの後に出てくる、
すっごい大きな血の塊の袋のようなものなんだけど、
コラーゲンに富んでいて、化粧品会社が買ったりするらしいよ
[PR]
by mgigi | 2009-01-20 21:57

こんなん出ましたー



DVtapesをリユーズしようと思い、
過去のテープをちらちら見ていたら、
ねりあがちっちゃい頃の映像が出てきたー
まめではない私は定期的に撮らないし、
撮っても撮りっぱなしなところがあるので
偶然の再会ですっかり衝撃を受けてしまった



あぁ、もう可愛すぎます
話せなかったり、よちよちしか歩けなかったりする、
そういう姿があまりにも美しすぎて、感動的で… 
この時期の子どもが、どんなに素晴らしい存在かを
分かっていたつもりでも、
こうして振り返る今ほどは分からないもんなんだなー
それが人生の憎いところでねー

この頃のねりに出会って、今のねりをますます好きになるわけです
[PR]
by mgigi | 2008-12-11 23:00

食あたり



気温が低いから甘くみていたのか、
賞味期限を全く無視する女が近所にいて彼女に影響を受けたのか、
どうやら古いご飯とかぼちゃの煮付けを食べたようで、
仕事場でげろった末、トイレから出られなくなり
どうにかこうにか保育園に到着 ふぇーーーー

シャイがどうしても抜けられないというので、実家に行く元気もなかったから
近所にねりあを預け、私はひたすら寝ることに
怪しいな〜風邪かな〜怪しいなぁと感じたので、
別の近所のママ友の家にレメディを一粒もらいにく
一応熱を計ってみたら38.3!
どっへー
でも久々の発熱なのでこのチャンスを有効利用しようと思い、
まずは何も飲まず経過を見る
久々の熱なので少しだけワクワク

夜9時頃、ねりあ帰宅
友人ママがねりあをベビーカーに載せてブランケットでぐるぐる巻にして
家に連れて来てくれた 人の家の石けんはいい匂い
引っ越してから彼女がうちに来たのは初めてだったけど、
ねりあが「そこじゃない、こっちだよ」
「そこで曲がるとオレンジの車があるでしょ」
「クリスマスの電飾がついた家がうちだよ」と誘導したようで…

ママ、治った?
もうお熱ない?
ねりと同じお薬飲んだ?
と私のおでこを触ってくれたりするんです

いやはや、3歳ももうすっかり一人前ですよ

朝の保育園当番は最近はすっかりシャイなので、
今日は朝から家でゆっくりしています
近所のママ友たちには本当に感謝
保育園つながり、イスラエルつながり、近所つながり、仕事つながり
いつの間にかつながりあるコミュニティで育まれている毎日です
[PR]
by mgigi | 2008-12-09 10:47

晴れた冬の1日



季節の移りかわりに身を委ね

呼吸する全てのものに包まれながら

笑うあなたを見つめる

枯れ葉だらけのあなたを抱きしめる

見つめること

抱きしめること

私の親業の原点



a0003085_1394465.jpg

[PR]
by mgigi | 2008-11-30 15:24