MEDITATE ONLINE

タグ:イスラエル ( 8 ) タグの人気記事

自分の中にある境界線を消していく


数日前の日記で紹介した、土井敏邦さん
彼が2008年5月に出版した著書、「沈黙を破る」は参考資料の1つとしてとてもおすすめです。現在、この時のインタビューを元にした映画も制作中とのこと。

本は、以下の3章から構成されています。

1)占領地の日常 「沈黙を破る」証言集より
2)なぜ「沈黙を破る」のか メンバーの元将兵と家族らへのインタビュー
3)旧日本軍将兵とイスラエル軍将兵 精神科医・野田正彰氏の分析から

「沈黙を破る」(http://www.shovrimshtika.org/index_e.asp)とは過去4年ほどの間に、イスラエル軍に徴兵された元戦闘兵士たちが作り上げたNGO

前も言ったけど、もし私がイスラエルと何の関わりもない人間だったら、こうやって図書館で本を借りたり、保管しておきたい箇所をコピーしたり、関連資料をVHSに落としてもらったり、こうしてブログに書くことも多分なく、「パレスチナ人に対する強い同情の念と、イスラエルに対する激しい嫌悪」という自分の中の境界線を消そうとすることはなかっただろうと思う。

土井さんも、「なぜ日本人のあなたが遠いパレスチナ・イスラエルの問題を追い続けるのか」「なぜ日本人に直接関わる問題、日本人にしかできないテーマを追わないのか」と聞かれるという。彼はあとがきでこう述べている、

「まだ形が定まらなかった私のものの考え方、価値観、世界観に少しずつ輪郭ができ、形を成していった。ある意味では、私は人間形成の上でも、またジャーナリストとしても“パレスチナ問題に育てられた”と言ってもいいかもしれない」
この育てられた経験を元に、土井さんは加害者・占領者であった日本の加害歴史の問題との接点を見つけるようになる。

人には誰にだって攻撃性や暴力性が備わっていると思うし、人を支配することの快感も備わっていると思う。それをしめしめと食い物にしているのが戦争なんだと思う。でも自分のそれを認めて、受け入れることができるのは、人のそうした野蛮で攻撃的な行為を観て、自分の内にある怒りや嫌悪感が揺さぶられて、本当はそこで終わるんじゃなくて、なんでそれがせつなさと背中合わせなのかと言えば、それが誰の中にも存在するからなんだと思う。

求めれば、人を鏡として自分自身を見つめる扉が開かれる。私たちは常に誰か、何かを鏡にして、自分の姿を観る。だから土井さんは、元イスラエル軍将兵をクッションにして自分を見つめる機会を得たんじゃないかと思うし、きっと私も似たようなものだと思う。

他人の過ちから学べ。すべての過ちを犯す時間はないのだから(ヘブライ語の諺)

人間が、わざわざ“肉体”という具体的な形を通して魂の成長を図るために降りてくる、というのはこういうことで、私たちの生活を取り巻く全てのことを通して私たちは私たち自身を知り、それらと関わることによってのみ、私たちは進化へのチャンスを得る。

だから“ワクワク”するとか、“突き動かされる感覚”とかいうのは、最も説得力のあるエネルギーで、そこに自分が一番必要としている成長の場が用意されているのではないかと思う。だから、その現場を体験する過程で、例え心身共に混乱をまねくほど難しい時があったとしても、タフな精神と身体で焦らず一つ一つ克服し、一歩一歩次のステージへと進んでいく、これが理想的だと思う。そしてさらに、その個人的な体験が、自分自身の成長だけに留まらず、人類全体の進化の一つを担っているというお膳立てがまた、この宇宙のダイナミックなミラクルなのだから。

“公平に…”
[PR]
by mgigi | 2009-01-20 12:18

1/26 my project will be launched


じゃじゃじゃじゃーーーーんん!!!


ついにスタートしますよ、私のビデオプロジェクト
ようやくここまで辿りついたか、と思うけど
まだまだ自分が想像している形からはほど遠く、
でもここまで形になったことを、
自分に、協力してくれた一人一人に感謝しています

一歩の想像が
一歩の創造につながりました

1月26日は新月だそうで、
第1回目のサブジェクトになってくれた人のHPも正式にリニューアルするということで、
その日に合わせました

本当はバナーもその日までに間に合えばいいと思ったけど、
テクニカルな問題で、26日はとりあえず、オープンしますということになります
これからいろんなことを、この場で体験していきたいと思っています
最初は私を育てて行く、ある意味自分勝手な行為の結晶ですが、
いつか観ている人の経験と交じってみんなの何かに繋がれば、これ幸いです
まだまだ発展途上の、それ以前の一歩手前ではありますが
どうぞよろしくお願いします

数日したら、予告編をアップします


パレスチナとイスラエルの紛争のことが続けてブログにアップしたこともあって、
幾人の人から落ち込んでない?大丈夫と?聞かれましたが、
私は大丈夫です
幸い、私の知り合いに亡くなった人がいないからそう言えるのかもしれないけど、
日本では1日に100人近い人が命を落としています 自ら
それとパレスチナの土地で起きていることは、自分との関連性でいえば
それほど違いはないと思います
自分と世界で起きていることがどう繋がっているのか、
私もまだ模索中だけど、みんなの今日という日常と繋がっていることを、
ぜひそのパイプラインを一人一人が見い出して行ければと願います

私はこのニュースを暗いなんて感じたことがないし、
そういえばかつてはそう感じていたこともあって、今も重いとは思うけど、
暗いとは思わない
もしこういう出来事に関して、暗いと思って立ち止まってしまうことがあるならば
それは問題があまりにも大きくて何もできないと感じるからだとしたら
それでも大丈夫
こういう一つ一つを自分の内面に持ち帰って、自分の恐れを解放していくことも
計り知れない平和への貢献だし、
何よりも自分の周りの人の幸せを願い、行動すること―
その行動の一つも同じように遠くと繋がっているのだから

Love them all, Trust a few, Hate none
[PR]
by mgigi | 2009-01-16 07:22

my バランス感覚


私の曾祖父はサンフランシスコに渡り、キリスト教を学び
日本に戻り教会を始めた根っからのクリスチャンで
私の父母も毎週末、祖父母をつれて教会へ通う
元旦には、教会へ足を運ぶ彼らと、
同じ日に神社へ向かう兄、姉、私
その上私は、娘の誕生をきっかけにユダヤ教を勉強し、
第1段階のユダヤ教徒に改宗した身(第1段階とは、とりあえずという意味)
キリスト教と神道や仏教とユダヤ教という4つの空気を知っている

ユダヤ教とキリスト教
スピリチュアルと世俗的なもの
笑顔を忘れた金持ちとお金のない自由人

今回は

イスラエルとパレスチナ

↑ どれもこれも、角度いろいろあれど、お互いを
どうのこうの言う組み合わせではある

そうそうもっと昔に遡れば、
父と母が喧嘩している時に感じるああいう気分
どっちを選ぶかと万が一聞かれたらやだなー
選びたくないんだよそんなの そういう次元は嫌だ
その生理的に嫌だと思う感覚はこの年でも同じようにある
2次元論を越えた世界をこうした日常的な生活の中で見つけ表現すること
それが私の今回の生の大きな目的の一つだと思っている

こういう場合は、左と右ができるだけ同じ重さになるように、
真ん中を見つけようとする行為
どちらかを選ぶのではなく、どちらをも選ばず
人間の未来を選ぶという行為
真ん中が見つかれば、
例えそれが批判的になっても、堂々と立場と意見を述べる事ができる

今回のイスラエルパレスチナ情勢は、規模が規模なだけに
ミクシー上でも大盛り上がり
下品なやりとりも多く見られた
日本語で、秩序を持って投稿していたイスラエル人に対して
いじめのような行為も見られた
心苦しいけど、本当の平和を望む人たちだけをちゃんと見極めて
無駄なやりとりには首を突っ込まない
そういう線引きも大切だ

a0003085_12294946.gif


とっても読みやすいし、読み応えがあります
「真ん中」の空気を感じて安心します
土井敏邦さんのwebコラム

世界の成り立ちが少し判ります
本もおすすめです
エコノミック・ヒットマン

不幸なことに、イスラエルの人々はあの土地を
ホロコーストの代償として与えられたと信じ込まされた
彼らは酷い目に遭ったし、
補償と安心を約束されて当然だ
だが何故それが
アラブ社会の真ん中なのか?
伝統的な敵の土地を選んだのは
最大の油田地帯の中心部にアメリカの砦を築くためです
建国時から判っていた
イスラエルの人々もひどく利用されてきた
あれはアメリカが中東に築いた壮大な軍事基地なのです
そのため周りを取り囲む中東のアラブ社会から
とてつもない恨みと反感を買ってしまった
こんな状況からろくな結果は生まれない
でもイスラエルの軍事拠点は我々の防衛には重要なのです
攻撃も仕掛けられる信頼できる拠点です
かつて十字軍が建てた城砦に等しい
こんな仕掛けにイスラエル人が囚われているのは痛ましい
[PR]
by mgigi | 2009-01-13 19:08

タフな精神と思考回路


a0003085_2330566.jpg


イスラエルのパレスチナ侵攻は完全に度が過ぎている
http://democracynow.jp/subomov/20081229-1
日に日に、政府の主張する「自衛」という理由が建前だと思うし、
何か大きな計画が進んでいるとういうコンスピラシーの方がよっぽど
まともなあらすじに思える
あんな度が過ぎた行為が「自衛」なわけない

明日は日本国内でもいくつかのデモが計画されている

自分の家族がいる国の国旗が焼かれたり破かれたりするものを観るのは
勇気がいることだ
だけど今では、心があまり痛まない

なぜなら、デモが反対している国はイスラエルであっても、
それが私の旦那や、娘や、友人たちの良き面、素晴らしき面を
否定するものではないわけだし、
デモの声やこぶしが向けられているのは
少なくとも私の中では旦那や、娘や、友人だちではないから
私の中でそれがきちんとしていればいい
それは私の勝手な都合なのかもしれないけど、
センシティブな部分だからちゃんとわきまえないといけない
それができていれば、私もデモに参加したいとも思い始めている
イスラエルの未来、というかねりこの未来のためにも

派遣村で年末年始を過ごした人、
1日に100人が命を断つ日本、
1日に4万人が世界で餓死する中、
1秒に6800個のおにぎりにあたる残飯を出す日本 一秒だよ
それらすべてに、私の責任が問われるだろうか…

問われない

誰にとっても同じことだ

でも、改善する権利を彼らは手にしている
私もそれらを手にしているように

日々、自分の周りの人々を愛し、
恐れや恐怖から自分を解放し、共有し、祈る
本来はそれでいいのだと思う

でも社会には、世界には
私が私の生活を送っているが故、迷惑を被っている人がいること、
私が持っている自由や富という特権を行使し、選択し、行動すれば、
数えきれない人が、よりよい人生を手に入れることができる、という事実がある

単純に、ねりこが病気になって、レメディーが欲しくて
でも店は営業時間が閉まっていて、誰もいない
ドアにかかれた番号に電話をしたら、
「もう閉店したから、祈っています」と言われるのと、
それでも自分の持っている特権を行使した場合、
人を楽にしてあげられることが自分にはできると、
その人がそれをやるのとやらないのとでは
そこから創造される世界が全く違う

そういうことなんだと思う
自分の一つの選択で、創造される世界は変わる

どんな複雑なことがこの世で起こっていようと、
自分の選択は非常にシンプルなんだと思う
なぜかって、本来は自分の意志に
環境も状況も、他人のもくろみも無縁だからだ

でもそれには、タフな精神と思考回路が必要になる

Love them all, Trust a few, Hate none

PS:ビデオプロジェクト今月には始められそう 
あともう一山を越えるタフさは自分に残っているのか
一山越えるとタフ度アップしちゃうからぬほー 
自分のやりたいことをやるくらいのタフさはなきゃね(エラソー)
[PR]
by mgigi | 2009-01-10 23:08

『イスラエルとパレスチナ』

私たちは、ユダヤとか非ユダヤとかイスラムといった馬鹿馬鹿しい、子どもじみた呼び名を捨て、あらゆる人々への平和と公正の名の下に一緒になる必要がある。ユダヤ人の不正とかパレスチナ人の不正があるのではない。ただ不正があるのみだ。

ある人に公正で、他には不正であれば、それは誰にとっても公正ではあり得ない。すべての人にとって適用できないのなら、そんな公正など意味がない。そして、世界が沈黙を続け、見て見ぬ振りをしているかぎり、それがパレスチナ人たちに適用されることは決してないだろう。


森田 玄さんのHPから転用


興味のない人にはマニアック過ぎる話だと思いますが、この件が自分の人生に関わりがあるならば、知ることを続けることで解放への道へ進みたいのならば、読んでおいていい資料の一つだと思います。


そしてこれ↓ マイミクのizumizmさんの紹介
感謝



<ヘブライ語とアラブ語のコラボレーション>


区別し、分け隔てる世界へ行きたいのか、
繋がり、1つになる世界へ行きたいのか、
遠くで、傷ついた人たちを懸命に支える活動を応援したり寄付をするのと並行して、
私たち一人一人の今日の生き方で、意志を表現して行きましょう
気づいていないうちに、私たち自身が区別し分け隔てる選択をしていることは多いですから
[PR]
by mgigi | 2009-01-08 16:05

「ガザについてー戦争をひき起こすものー」 

田中優さんのメルマガから転用

以下は、ぼくの信頼する江戸川の地域の仲間、大河内秀人の文章です。ぜひお読みください。
___________


大河内秀人@パレスチナ子どものキャンペーン(CCP) です。
(転載転送歓迎。クロスポストご容赦下さい)

 ガザ空爆に関して、様々な感想や意見が寄せられ、また耳にします。パレスチナ側に同情的なもの、イスラエルの攻撃を支持するもの、中立的・評論家的な分析、等々、立場や価値観も様々です。 戦争というのは、起こっている一つ一つが事実であり、その経験や証言の一つ一つは重く受け止められるべきです。そして、加害者に対する怒りと、被害者に対する同情も、人間として当然であり、また必要なことです。 しかし忘れてならないことは、その個々の事実や経験は断片的なものだということです。その背景には様々なレベルでの原因や条件があり、時間的(「歴史的」というとすぐ数千年遡られてしまうので避けますが)な経緯と社会(国際)的な環境や認識が大きく作用しています。なので、紛争に対してコメントや判断するためには、その原因とメカニズムを、現象面・意識面で、全体的・構造的に捉え、さらにそれぞれを掘り下げる必要があります。

 たとえば「イスラエル人の8割がガザへの空爆を支持している」と報じられていることについて、考えてみます。

 まず「イスラエル人」とは誰を指すのでしょうか? イスラエルに住む人々ということでしょうか? イスラエルの選挙権を持つ人々ということでしょうか? イスラエルには、ユダヤ人以外に、イスラム教あるいはキリスト教を信じるアラブ人も少なからず暮らしています。ハマスのロケット弾でアラブ系の住民も被害を受けたという報道もありました。市民権を制限されているとはいえ、彼らもイスラエル人です。また、イスラエルに住んでなくても、イスラエル人として選挙権を持つユダヤ人が世界中にいます。そんな疑問をもたれることもなく“8割”という数字が一人歩きします。

 また別の視点から押さえてほしいことは、一般的なイスラエル人(前述のことから矛盾する表現ですが・・・)が“ガザ”に対して持つイメージがあります。彼らにとってガザは、テロリスト集団の住む無法地帯であり、自分たちと同じ人間が住んでいるとは思っていません。ガザに行ってきたなどと言うと、「よく無事に帰って来れたね」という反応が普通です。敢えて言えば、東京の人に「釜ヶ崎に行ってきた」みたいな感じでしょうか。 つまり、差別や偏見が暴力を容認し、虐殺を引き起こすのです。昨年3月、初めてエルサレムの「ホロコースト博物館」を見学しました。人々の中に差別や偏見を植え付け、暴力的政策を拡大していくプロパガンダに関して学習する場所でした。そういうメッセージを世界に発信している国が、現代のホロコーストと呼ばれるガザで大虐殺をおこなっているのです。

 私たちは、個人的にも社会的にも、その憎悪や憤りがどこから来るものなのか、何によってもたらされたものなのか、感情を揺さぶる情報ソースと共に、揺さぶられる感情のあり様についても、冷静に問いかける必要があります。「客観的」という見方は内面に向けられて重みが増します。

 次に時間的な流れを振り返ると見えてくるものがあります。シャロン政権は2005年、西岸地区で“壁”や道路等を伴いつつ入植地政策が拡充されている一方、一部の強硬な反対を押し切って、ガザの入植地を撤退しました。それをハマスは、自分たちの闘争の成果と宣伝し、2006年の選挙で勝利しました。その結果、国際社会はハマス政権を嫌い、パレスチナサイドは混乱、分裂し、ハマスの支配が続くガザはますます窮地に追い込まれています。 イスラエル国内だけでなく、パレスチナ社会や国際社会の世論とムードのコントロールを含め、シャロン政権のシナリオ通りに推移していると言えます。入植地がなくなりユダヤ人がいなくなったことで、心置きなくガザを空爆することができます。 当初、ガザからロケット弾を撃ち込んでいたのは、ハマスではない、ごく一部の過激派でした。しかし封鎖による欠乏や不満が極限状況に達して、ハマスもついに正面切って参戦したところで、待ってましたとばかり、イスラエル軍が大規模な作戦を開始しました。軍事力、情報力で圧倒し、実際の主導権を持ち続けていたイスラエルに大義名分が与えられるよう、何年もかけて仕組まれたのは間違いありません。

 このような暴力を助長し、戦争に導くメカニズムについて、パレスチナだけでなくイスラエル側でも、冷静な視点を持つ市民やNGO・平和団体は見極めています。“苦”の側に立ち、その苦の原因を根本的かつ構造的に追求し、あるべき共存の未来を描く想像力のある人々が、その可能性を訴えつつ、地道な努力の積み重ねや対外的なアピールも行ってきました。そして大惨事が予想される政策に対して警鐘を鳴らしてきました。 そのような市民感覚、現場感覚を持ったNGOや市民団体の警告や努力が踏みにじられ、“苦”への感性が“力”の側のプロパガンダに、人権が覇権に、負けたとき、国際社会の抑止力も効かず、アフガニスタンでもイラクでもレバノンでも、多くの人々の命が奪われ、さらなる不安定がもたらされました。日本への原爆投下を含め非人道的な攻撃は、仕組まれた憎悪が人権を否定することで成り立ちます。

 圧倒的強者が被害者の立場を大義名分に、差別と偏見を利用し、嘘と情報操作でたぶらかし、乱暴な正義を振りかざして土地と利権を貪る「対テロ戦争」の文脈が、日米の次の政権に引き継がれないよう、人権と平和の実現に向けた様々なレベルでの活動を積み重ねていきたいと思っています。

参考▽「テロとの戦い」の本当の対立軸
http://www.juko-in.or.jp/Message2005.htm#051009vsterr

++++++++++++++++++++++++++++++

大河内秀人 Hidehito OKOCHI
hit@nam-mind.jp
CCP <http://ccp-ngo.jp/>
ブログ<http://angel.ap.teacup.com/hitococi/>
[PR]
by mgigi | 2009-01-06 06:27

イスラエルが心配


日に日に泥沼化している、イスラエルによるガザ侵攻。

自分とイスラエルが全く関係なければきっと、
パレスチナ問題に関してはイスラエルに対して批難轟々だったろうと思う。

でもやっぱり私にとってイスラエルという国と人がとっても身近なので、
死や苦しみへに対する同情や怒りとは別に、イスラエルという国がとても心配です。

私にとって、今まで出会ったイスラエル人は生涯かけがえのない友人であって、
今の私があるのも彼らのおかげといってもいい過ぎではないくらいで、
そういう感謝と愛情の気持ちが私の中で溢れているから、イスラエルという国が
どうか無事であることを祈ります。

あんな場所に、「聖書に書かれたように…」
なんていうもっともらしい理由をつけられて、あそこに連れてこられた人々ー。
建国以来、武器を渡され、隣国と戦うようにしむけられ、誰かの中東の砦にされ、
世界の悪者にしたてあげられた人々ー。
私の見方は偏っているのは重々承知の上、私はイスラエルという国があそこに
建国されたこと自体が大きなやらせだと思っていて、
そしてあそこを中東の心臓にしておくために、
パレスチナの人々はさらにはめられていると思っていて、
だから今回、500人以上の人々が虫けらのごとく殺されたこと、
今回の侵攻に対する国のばかげた主張に8割のイスラエル人が賛同している
ということに情けなくもあり、同情するし、頭にくるし、悲しいです。

でも私には私にとって何が一番正しくて何をすべきかしかもちろん分からないから、
他の人のことは祈るしかないし、自分のやるべきことをするしかないんだけど。

どうか、
イスラエルという国が存続し、隣国の兄弟たちと手をつなぐ日が来ますように。
どうか、これ以上事態が悪化しないように。
苦しみや悲しみや区別や差別が増えないように…。

ガザ・中東大戦争の瀬戸際
[PR]
by mgigi | 2009-01-05 14:56

こんなん出ましたー



DVtapesをリユーズしようと思い、
過去のテープをちらちら見ていたら、
ねりあがちっちゃい頃の映像が出てきたー
まめではない私は定期的に撮らないし、
撮っても撮りっぱなしなところがあるので
偶然の再会ですっかり衝撃を受けてしまった



あぁ、もう可愛すぎます
話せなかったり、よちよちしか歩けなかったりする、
そういう姿があまりにも美しすぎて、感動的で… 
この時期の子どもが、どんなに素晴らしい存在かを
分かっていたつもりでも、
こうして振り返る今ほどは分からないもんなんだなー
それが人生の憎いところでねー

この頃のねりに出会って、今のねりをますます好きになるわけです
[PR]
by mgigi | 2008-12-11 23:00