MEDITATE ONLINE

<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

つながりへの感謝を表現する

本当にねばった

ねばった

あれもだめだった時、
これもだめだった時も
いい波が来て、去っていった時も
周りに大勢がいて、1人になった時も

これは無理矢理?
不自然?
流れに反抗している?

と、時に自分に問いながら

ううん、
これは
無理矢理じゃない

だって、心に違和感はないもの

ねばったのは、自分の内から湧くメッセージに忠実だったから


ある時、その「時」へと着いたとたん
どんどんと繋がり始めた

もうあきらめようかと、昔の自分が弱音を吐く一歩手前で
まどわされることなく、
がちゃがちゃと聞こえる音の中の、
一点の静けさを失わなかった自分が

動物的でありながら、理性を持ち合わせ
スピリチャルでもあり、俗っぽくもある
現実的であり、抽象的であり
炎のように熱く、また波一つうたない水面のように

ここからは目を見開いて、そして静かに目をつぶって

魂を入れて

彼自身まだ不器用なところはあるけれど、
私が信じていなかったものを
一番近くで見せて来てくれた人に
それは時に、私にはハードな方法だったけど
そのいい部分だけに目を向けようと努力して
自分のものにしてきた自分自身にも
今日は良くやったといいたい
シャイに、ねりあに、家族に、友達に

ありがとう
ありがとう

みなが、それぞれが、この世に生まれてきたわけをどこかで感じながら
一歩一歩、進みながら
いつの日か両手を広げられるよう
私が
あなたが、
自分らしくあることを
私は応援します

“人間が本来持つエネルギーを、一緒に出し切りましょう!”
a0003085_227105.jpg

[PR]
by mgigi | 2008-12-27 02:09

TENORI-ON


もう、購買意欲がどんどん減少しているんだけど、

いづれ、朝起きて摘みたて野菜を食べる生活になっても、

やはり、こういうおもちゃは部屋に転がっているのがいい


ほ、ほすぃーーーー

友達が持っていた うらやましくて仕方がない
調べてみたら、12万!!!驚 ありぇぬぁーい 
買えないと分かると不思議、興味がなくなる 笑

でもこういうおもちゃ、とっても素敵だと思います



http://www.yamaha.co.jp/tenori-on/features/index.html


飯島愛さんが死んでしまった…
なんとなく普通の感覚の人で好きだったなぁ
ノイローゼで通院していたって書いてあったけど
医者が出す抗うつ系の薬は人を殺していくって誰かが言ってた
筑紫哲也さんも医者に見せてなければ今ごろ生きていたって
私は内情は知らないから適当な意見なんだと思うけど
完璧なものなどないんだし、全ては過程にある「状態」だから
そういう真逆の意見も世の中にはあることも
自分もいづれ医者にお世話になる時は
セカンドオピニオンとして持っていたいと思う
ご冥福をお祈りします

うつになったら、薬を出さない先生を探そう
[PR]
by mgigi | 2008-12-25 08:44

メリークリスマス




以前、さだまさしさんがTVで自分は怒っているんですと言っていた
私は怒っているんだという言葉をTVで聞くのは新鮮だった
で、その後にこの歌を歌っていた

喜怒哀楽の怒の部分をひっこめる日本人の口から、怒っていることを聞きたくて
ビデオプロジェクトの質問の一つにしたんだけど
数年前に聞いた彼の言葉が思ったよりも衝撃的だったのかもしれない

親になった今、歌詞の意味がもっと私の奥まで届く

Merry Xmas〜 ♫
[PR]
by mgigi | 2008-12-25 03:40

hallucinogen interview


彼の音で踊りまくった後、彼が紡ぎだす音の世界に涙しながら
「サイモンは本当にやさしい、愛に溢れてるー」なんて良く言ってたけど 笑
彼やっぱりとても謙虚な人だと思う

最近のインタビューのよう

全然普通の人だもんね いい人だ





あぁ、踊りたいっ ↓ 少しだけplayしてるよ





9年ほどまえの彼のインタビュー、私もyoutubeにアップすればいいんだ
自分の質問に赤面してしまったりするんだけど、まぁいいし
あの頃の自分の英語は本当にうまかった!

ま、いいさ♫
[PR]
by mgigi | 2008-12-22 14:00

美味しいコーヒーの入れ方


a0003085_16363349.jpg
構想から10年、、、、、、、


というのは嘘だけど、ビデオプロジェクトが開始してからすでに半年が過ぎました

収入を第一のモチベーションに動き出したものの、
すっかりマイナスが膨らんでばかり

でもやりたいことを形にしようとしているので、嬉しいかな
金銭的な苦労は辞める理由になりえない

なぜなら、形になり切らない間にも
さまざまな出会いがあり、発見があり、成長があり、
私の中では着々と準備が進んでいて、
結果ではなく過程である、という「過程」を見れば
とっても充実感があるわけです
ワクワクパワーは最強です

この半年間、撮影をお願いしたサブジェクトは2名

そして先日撮影したのが3人目ー

今回はあまりべらべら話さない方がいいんだろうという直感もあり
1人、地味にこつこつとウキウキと
娘や旦那に報告しながら、話したいけど話せないっ
秘密の活動になっています
なんでべらべら話さない方がいいのかは、直感です
でもやっぱりちらちらと、こうして話していますけど 笑

3人目は、コーヒー屋さんです

しかも、なんと、同じ大学同じ学部の卒業生でした!!!一年後輩

めいがくだよ〜みなさん

そして彼を通して私が感じた幸せを、
どうか今回は映像で多くの人と共有したいです
映像には映っていないけど、出会った人々も
新しい意識が芽吹いた目をした人たち
愛に溢れ
誠実で
やさしく
温かく
厳しい目を持って
自分の可能性を引き出し
それを誰かと分かち合う

日本は、
今までも、これからも、
東京だけじゃない
どんどんと、人々が地方に散らばっている
そしてまた東京で再会しあう
必要な時につながり、集まる
一つのレボリューションが起こっているようです

そういう、まさにこの時代に生きる同じ世代の人々を
カメラ一つで私は記録に撮って行きたい



ってこれ、何回言っているのかな?


また想いを話してしまったけど


いいよね、これくらい


今回はなんか行けそうな気がするんだよね


根拠のない自信


あー、だからもっと秘めとかなきゃってささやきが聞こえる
カメハメハー

って、エネルギーをためて出さなきゃ

カメーっ!

なんだよね、いつも私は



分かってるんだけど、


今朝は雨の後の晴れで、
なんかいいたくなってしまいまして…



秘密にしといてください


お膳立て、よろしくお願いしますね
[PR]
by mgigi | 2008-12-18 10:42

滑稽な日本的無声映画



目の前に、化粧中の女が座っている

ひと通り顔が出来上がるまでのその数十分
見るものにとっては気持ちのいい世界ではない 
終了後も手鏡を鞄にしまっては、何度もまた手鏡を出し、目の大きさを確認する
永遠に確信を得ることができない貧乏揺すり的な行動


ブーブーーーーブー 

2つ隣に座る男の携帯が鳴る


その男は遠くから来たのか大きなバックパックを運び、
時間を潰してきたのであろう週刊誌と新聞を手に抱えていた

何の遠慮もなく、携帯で堂々と会話を始める

電車の中で化粧をする女も、電車の中で携帯で話す男も、いまや見慣れた景色

携帯男はそれから10分以上も話を続けた
話し相手が宅配業者らしく、荷物の受け取りを相談しているようで
あまりにもばか丁寧な会話の流れに爆笑
見えない相手にはマナーたっぷりなずれが滑稽


そしてあの化粧女が、携帯男をうざそうに見つめる

「ここ、電車の中よっ」とでも言いたそうに…


もう1人、その携帯男を見つめる人物がいた
携帯男の隣に座るサラリーマン風のイケメン


「携帯そろそろ辞めろよ…」とでも言いたそうに


そのイケメン、黒いスーツに身をまとい、
磨かれた靴をはき、とても上品な雰囲気
きっと社内では人気者なのでしょう

始めは全然気にしてないふりをしていたが、
10分も続くとさすがに許容範囲を越えたのか、
チラチラと横目で携帯男を気にし始めた
そうなるともはや読書も手につかない状態



その目線に気付かないふりをする携帯男

周りの目線を気にしないふりをする化粧女

実際に目があったらまずいから、見られる前に目線を外す観客たち




このいかにも日本的な、「無声映画」

チャップリンの映画のように、
無声が故に誰もがオーバーリアクション




で、最後にうけたのがそのサラリーマン風の男のおち


もう1人座れるはずのスペースにどーんとたっぷり座ってるもんだから、
目の前に立っている人が座りたがっていることには一切気付いてない


!!!!



この、なんともコミカルな非暴力の内戦劇



そして、その全てをじーーーーーーーーーと見つめる小学生の男子



そう、これが君が向かっている大人の世界なのよ
死んだ目で見つめるのもよく分かるわ 笑
なんだか申し訳ないわ
大丈夫よ、見るものは選んでいいんだから
もっと素晴らしい景色をみることよ





って、、、、、、


あれ?

君が座っている席…

そこ、優先席ですからぁぁあぁぁぁぁぁ!!!!!!!




、と最後の少年の部分はフィクションです 笑



目的地に着いたので途中下車しましたが、
これが日本の通勤電車の日常です




ぼかぁ、同じ世界に生きてないけどねっ!!!!



とえらそうに電車を降りた瞬間、
私は足の裏でアリンコを踏むっ

踏まれたアリンコがあわわとなっているところがアップになる…

という4コマ漫画的な妄想劇を、ぜひコミカルに映像化してみたいと思いながら
笑いながら改札を通る私でした

ちゃんちゃん♫


いやぁしかし、
思っていることを口にしないという方法で
あえて伝えようとする時の人間の顔つきは下品じゃぁー
[PR]
by mgigi | 2008-12-16 22:29

こんなん出ましたー



DVtapesをリユーズしようと思い、
過去のテープをちらちら見ていたら、
ねりあがちっちゃい頃の映像が出てきたー
まめではない私は定期的に撮らないし、
撮っても撮りっぱなしなところがあるので
偶然の再会ですっかり衝撃を受けてしまった



あぁ、もう可愛すぎます
話せなかったり、よちよちしか歩けなかったりする、
そういう姿があまりにも美しすぎて、感動的で… 
この時期の子どもが、どんなに素晴らしい存在かを
分かっていたつもりでも、
こうして振り返る今ほどは分からないもんなんだなー
それが人生の憎いところでねー

この頃のねりに出会って、今のねりをますます好きになるわけです
[PR]
by mgigi | 2008-12-11 23:00

食あたり



気温が低いから甘くみていたのか、
賞味期限を全く無視する女が近所にいて彼女に影響を受けたのか、
どうやら古いご飯とかぼちゃの煮付けを食べたようで、
仕事場でげろった末、トイレから出られなくなり
どうにかこうにか保育園に到着 ふぇーーーー

シャイがどうしても抜けられないというので、実家に行く元気もなかったから
近所にねりあを預け、私はひたすら寝ることに
怪しいな〜風邪かな〜怪しいなぁと感じたので、
別の近所のママ友の家にレメディを一粒もらいにく
一応熱を計ってみたら38.3!
どっへー
でも久々の発熱なのでこのチャンスを有効利用しようと思い、
まずは何も飲まず経過を見る
久々の熱なので少しだけワクワク

夜9時頃、ねりあ帰宅
友人ママがねりあをベビーカーに載せてブランケットでぐるぐる巻にして
家に連れて来てくれた 人の家の石けんはいい匂い
引っ越してから彼女がうちに来たのは初めてだったけど、
ねりあが「そこじゃない、こっちだよ」
「そこで曲がるとオレンジの車があるでしょ」
「クリスマスの電飾がついた家がうちだよ」と誘導したようで…

ママ、治った?
もうお熱ない?
ねりと同じお薬飲んだ?
と私のおでこを触ってくれたりするんです

いやはや、3歳ももうすっかり一人前ですよ

朝の保育園当番は最近はすっかりシャイなので、
今日は朝から家でゆっくりしています
近所のママ友たちには本当に感謝
保育園つながり、イスラエルつながり、近所つながり、仕事つながり
いつの間にかつながりあるコミュニティで育まれている毎日です
[PR]
by mgigi | 2008-12-09 10:47

ジェーンバーキンの「アウンサンスーチーに捧げる歌」


greenz.jpより

線ではなく世界を円として見つめる




年を重ねていくごとに、こんなに素敵な笑顔の女性でいたいものです





"日本の皆さん、あなたがたは世界から尊敬も友情も注がれる民主主義の国の人です。しかも、軍事政権化にあるビルマ(ミヤンマー)と非常に深い関係を持っています。そういう日本が、ビルマの人たちを助けるために何をするのか、それとも何もしないのか。どちらにしても、ビルマへの影響はとても大きいのです。世界中があなた方の行動を見守っています。"
[PR]
by mgigi | 2008-12-09 10:15

訪れたことのない滋賀県



笑い、踊り、学び、語り明かす、一ヶ月続くお祭りがある

山水人2008

(今年夏のブログから)

森の中でのキャンプ生活、百店舗を超えるフリーマーケットのにぎわい、多種多様な音楽やアート、詩の朗読や舞踏やパフォーマンス、日常へのヒントやきっかけに溢れた様々なワークショップ〜

また大変動の時を迎える地球と人類の未来についての価値ある情報の発信と知恵の交換の場「文殊院」フロアでは各日のテーマに沿った映画の上映、講演会、トーク等の企画で次世代へと繋がるライフスタイルを模索します。更に「電気の無い日」などの体験や、「自転車発電ライブ」「バイオディーゼル燃料発電」といった代替エネルギー、「バイオトイレ」、「生ゴミを利用したメタンガス発生装置」などの運用と実践は改めて日常生活を見直す機会となることでしょう。

さまざまなことを感じ、学び、そして遊びながら、「原生林トレッキング」や「援農」を体験し、朽木生杉の素晴らしい自然や文化を実感するとともに、本当の意味での生き方を模索していく場となることを目指しています〜


土と共に踊り、空を見上げて叫び、火の粉をあげる命
すべては祈り 祈るように生きる
日本の祭りに血が騒ぐ

生き物がたくましさを育てる冬の外気
湯気をたてる洗濯物が太陽の日差しに揺らめく
私の大好きな冬
そして、多次元が存在する今この瞬間
すでに祭りの音は夏の山に鳴り響いています

日々、感謝
日々、合掌
興奮のど真ん中に一点の静けさあり

あらためて、サイケデリックトランスの空間が作る宇宙と大自然にアクセスするメソッド
[PR]
by mgigi | 2008-12-06 16:13