MEDITATE ONLINE

初体験

totoとたくみ君、素敵な男子2名が主催するsun9というイベント
逗子にある、平屋を改造した焼き鳥屋
モーフの旅という、スナフキンサイケデリックワールドバンド
そして、私も自分のブログメンタリーについて話しをさせてもらいました

人前でマイクを握って何かを話す、という設定は、今までずっと避けてきたこと
そういうことを頼まれた時はだいたい断っていたし、とにかく性に合わないと思っていた
でもここ数年、私の将来の為に、ここは一つ越えておいた方がいい山だと思ってもいた
だからもうそろそろいいかなと思って、1年に1度くらいしか会わないtotoだけど
私は彼の何かをすごく大切に丁寧に扱う雰囲気がとても好きで、
彼のイベントがデビューになるのは、どこかですごくいい環境だと感じたので
ぜひぜひ、と彼からそのような提案があった時に電話で返事をした

デビューと言ったって、ただ話すだけのことなんだけど
私の知る私の世界ではとても大きな一歩だった
緊張感を分散するために、totoとたくみ君にも一緒にマイクを握ってもらって
質問形式で私が答えるというやり方にしてもらった
2人とも、それこそそういうスタイルでゲストに話してもらうのは、
自分たちも初めてで緊張するということで、
イベントの主催者はただでこそ気にすることが多いのに、
快く一緒にレンジャーになってくれてありがとう
おかげさまで、全然緊張しないで自分の想いを伝えられました
どれだけ伝わっていたのかを客観的に感じるほど余裕はなかったけど、
自分の明日がもっと可能性が広がったのを感じて、1人、充足感に包まれながら帰宅しました

ねりあは、虫が苦手だったのに今では何でも触ってみようと、好奇心の方が強くて
それは、自分自信で苦手意識を分かっていた時と比べると
彼女の知る彼女の世界でも、その一歩を越えようとしたことはとてもダイナミックな出来事

私も、まだまだ何歩も先へ行ける

それはねりあの毎日に感化され続けているんだと思う

当日、プロジェクターに繋げるケーブルがなく
近くに住むkokoに電話をしたら
家が空いてるから勝手に入って持ってていいよ、と助け舟を出してくれて
結局せっかく借りたのにそれでも繋がらなかったけど
そこに居てくれたことがとても幸せでした 
応援メールをくれたAki, KiKi
昨日、そこに居合わせてくれた人たち、そしてその機会を作ってくれたtotoとたくみ君
私の知る私の世界では、節目になった1日
そういう1日を迎えられるのはとても幸せなことです
どうもありがとう

いつか、何年か先に自分が辿り着いたとき、
例えばハンモックに揺られて、自分がどこまで来れたのかを感謝する時、
昨日の出来事は、きっと思い出す風景の1つなんだと思います

昨日は8回目だったらしいけど、9回目、10回目と続けていってください
弟がいたらきっとこういう愛情を抱くんだろうな、というものを勝手に感じてました 笑

私自身も昨日、朝起きてから夜床につくまで、
3度、「続けていく」というキーワードが降りてきた1日でした
あぁ、1個はモーフの旅の歌詞にあったよね

Sun9
[PR]
by mgigi | 2009-05-18 22:11