MEDITATE ONLINE

TVのない生活



引っ越しを機に、テレビを捨てた
正確には縁側に置いてあるまま

911という衝撃的な事件をきっかけに、エコノミック・ヒットマンという本を節目に、
何かの事件でマスコミで言う、「犯人」をそのまま鵜呑みを鵜呑みにしなくなった
今回の元厚生事務次官殺害事件も、あの小泉という人が犯人だとは思えない
犬の仇とか何とか、年金問題絡みの事件がそんなばかげた理由で済んでしまったらだめだよね

未だ、自分自身で真実を見抜く力はないから、情報源を変えただけとは言っても
前よりはより真実に近い情報源を得ていると、感じる
それが本当に正しいかどうかだって実はわからないけど、
それを発信している人の顔や目や想いに耳を傾ける

テレビを手放してみると分かるけど、
テレビのチャンネルをつける、という何でもない行為によって得られるものなんて
そもそもそんなに大したものじゃなかったなってことに気付く
だってなくても情報が足りないなんて全く思わないし、
何か大事なことについていってないとも思わないし、
どちらかと言えば逆で、
自分から情報を探しにいく、という意志のある行為によって得られるものの方が
よっぽどおもしろいし、
よっぽど希望ある真実を語っているように思う

http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/
[PR]
by mgigi | 2008-11-28 08:08