MEDITATE ONLINE

ラブリーゾンビ


ビデオプロジェクトの第2弾は未だ発信するに至っておらず、
自分1人だけでも続けようと思いながらも、
まだまだ試行(思考)錯誤している状態です
アプローチしたアーティスト2組からは、嬉しいコメントをもらったものの
結局は著作権の問題で許可が降りず
他、しょんぼりする出来事がいくつか続いています

が、

それはそれで、これはこれというように毎日はちゃんと続き、蓄えられ
日々、弱さから足踏みをしたり、応援をもらって一歩を踏み出したりしながら
感情の起伏がほぼ無い状態で、心のある方へと変わらずに進んでいます
最近自分が少しゾンビのような気さえします
胸ポケットに花を刺した、カラフルなラブリーゾンビ 笑
ただただ日々を穏やかに、そして鮮明に過ごすことを願いながら

2弾のサブジェクトは、地雷防止教育を現地で行うアフガニスタンの駐在員でした
ペシャワール会の伊藤さんが殺されてしまった後、
やはり現地の治安が悪いということで一時帰国していた時の撮影でした
編集過程で、何時間も何日も彼女を見て、言葉を聞いてきたので
自ずと私の元へとアフガニスタン関連の情報が入ってくるようになります
先週土曜日には、前々から予定していた通り、
私は渋谷へアフガン関連の新しい映画の試写に訪れました

びっくりするくらい私には何も感じ取れない作品で、
その後、友達と朝1時近くまで自由が丘でのんで不満を消化し、
朝6時に、インドへ旅立つあきっつあんとお分かれし、
身体が眠いまま始めた新しい1週間の2日目の今日
今度は素晴らしいアフガン関連の映画と出会いました

【君のためなら千回でも】

この映画は作品として単純に描写が素晴らしいと思ったけど
私はアフガニスタンで働く彼女に出会って話を聞き、
図書館で本を借りたりして少しだけ歴史や現状が分かり、
そして私の中にできた個人的なアフガニスタンがあるから
この映画が伝えようとしていることをもっと感じることができる
自分のビデオプロジェクトもそういう繋がりの中で活かされると
とっても幸せだなと、小さな旗がぱたぱたと鳴った
[PR]
by mgigi | 2008-11-18 12:12