MEDITATE ONLINE

久々のexciteブログ


久しぶり、exciteブログ。今夜は姉の家にお泊り。今振り返ると、兄弟姉妹で同じ年齢の子供を持てることの偶然とその喜び。お祭り&花火の連続です、今年も。

最近、twitterを中心にお手軽コミュニケーションを取っているのと、後はブログメンタリーの更新に集中していました。

twitterは明日なくなってもまったく困ることないんだけど、おもしろさは、何気ないことを気楽に発言できること。何気ないということはでも意味のないことというわけではなく、日々は「何気ない」ということで結構成り立っていて、そこに常にストーリー性を見出す必要があるわけでもなく、twitterでは、「この映画おすすめ」ということに対しても何でそれがおすすめなのか、を書かなくてもいい。受信する側も、何でそれがおすすめなのかというのを知りたいというよりも、そういう映画があるんだな、という出会いだけでいい場合もある。

昨日は、ずっと自分のブログに追加したい機能があったのでtwitterを通じて、「誰か詳しい人教えてください」とつぶやいてみたら、結果的に実際にメールのやりとりと携帯で話をし、その機能を追加する作業をしてくれた人がいた。料金はいらないので、素適な本をくれるとか、イベントに誘ってくれるとかそういうのでいいです、と言ってくれた。

結局はインターネットとはいえ、普段の人付き合いがそのまま反映されるので心配なこともない。そして嬉しいことは、結構、政治の問題に関心がある人がすごく多くて、みんなすごく物知りで、それは私を含め周りにはあまりいないタイプも多く、やりとりが刺激的で楽しい。政治家がtwitterをやっていたりすると、たった今こういう法案が通りましたとかそういうつぶやきもあり、政治も本当に自分の日常と直結している「生活」なんだと感じられることは、twitterの一番の良さ。
ネットで出会うのも、リアルな場で出会うのも、その出会いをいかに日常に落とし込んでいくかは、他の何とも変わらないそれもまた「生活」。

えっと、今回はぜひ多くの人におすすめしたい個展があって、それはブログメンタリーの次の被写体である、馬場敬一さんの回顧展です。私は個人的に大ファンの世界観なので、自分が伝えたいと思う知り合いにDMまで送っています。こういう「提出物」が大の苦手な私が。

a0003085_23313842.jpg
a0003085_2332096.jpg


馬場 敬一 展 「破壊と創造のベクトル」 
Keiichi Baba Exhibition

2009年8月12日(水)~8月16日(日)
10:00~20:00(最終日 ~18:00)
入場無料
三鷹市芸術文化センター
Mitaka City Arts Center

closing event
Nada-Delightライブ
8月16日(日)17:30~18:00
*ライブ終了と共に展覧会が終了します

Nada-Delight
KNOB【ディジュリドゥ】
http://www.knob-knob.com/
BUN【カリンバ】
http://www.medialabo.co.jp/moon/
瀬川UKO【タブラ】
http://www.k4.dion.ne.jp/~uko/
加藤貞寿【シタール】
http://www.sitar-teiju.com/
岡山守治【ホウメイ・口琴】
http://mono.rocket3.net/okayama/
[PR]
# by mgigi | 2009-08-01 23:33

ナイス気合い

必読です

<一部抜粋>

二十歳にもなれば、その人のすべてはもう顕れている。その自分の良いところを見つけるには、自分の直感を信じ(つまり自分を信じるということ)、自分が好きだと思える「正のエネルギー」が出る対象を大切にし、その対象を少しずつでも押し広げていく努力を徹底的にするべきだ。そういう行動の中から生まれる他者との出会いから、新しい経験を積んでいけば、自然に社会の中に出て行くことができる。「好きなこと」と「飯が食えそうなこと」の接点を探し続けろ。そのことに時間を使え。

<全文>
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20070317

[PR]
# by mgigi | 2009-06-06 19:39

twitter

なめくじとあじさいの季節です

じめっとした梅雨真っ最中ですね〜

あの夏が来ると思うと憂鬱ですが、最近以前ほど思考回路が複雑ではないので
なんだかんだ乗り切れるような気もします

最近始めたtwitter
なぜメンズが多い世界なのか分かる気がします
多くを語らずも、伝えようと見せようとしてないけれど
なんとなくが分かればいいという身軽さと、
なんとなく以上に伝わってくるものがあるというおもしろさ
私も、twitterでつぶやく方が今は性に合っていて、
ブログはブログメンタリー一本でいい感じです
丁寧にコドバを紡ぎだしたい時はこのブログを活用しようかなと思ってます

次回のブログメンタリーは、「自然農」がテーマです
おもしろそうだよ!一本一本、自分的には進歩している感じがするので
ぜひぜひ見てね!

http://twitter.com/gigimaki
[PR]
# by mgigi | 2009-06-06 18:34

遊ぶ

子どもは遊びの天才だ!とよく言うけれど、
そりゃそうだよね
寝ている時以外、ずっと遊んでるんだもん

実家のお風呂に(肩までお湯がたっぷりでさいこ〜)ねりこと入った
私はさっさと用事を済ませ、ぷぁ〜〜と湯船に入った
でも彼女は湯船に入る気が全くない
湯船に浸かるために入っている私とは違い、
石けんや身体を洗うタオルは遊び道具で、
洗い方から流し方全部が彼女の即興の遊び
本当に関心する
お風呂に入る時のマニュアルがまだ出来上がってないこの年に
本当にいろんなクリエイティビティを育てていくんだと思うと、
何も口出しする気にならず、ひたすら観察してた
おもしろいんだよね〜いちいちやることが
全く意味がないんだけど、おおあり!、みたいな

この時期の子どもたちって、“生きる”ということを最も純粋に表現している気がする
この子たちが、お風呂もご飯もバスに乗ることも
靴をはくこと一つ一つを遊びとするならば
それがきっと、生きるということそのものなんだと思う

とにかく何をしていても、それは「遊び」
大人が使う「遊ぶ」という言葉ではひとくくりにはできない
もっともっと奥が深くマジカルだ
一般的に、親から学ぶことは、今の時代に通用する社会ルールだとすると、
彼らが遊びから学ぶことは100年後の世界でも通用する“生きる”ということとの
関わり方そのものだと思う
遊びを通して泣く事だって多いし、悲しいことだってある
いいことばかりじゃない
人との付き合いも学ぶし、恐怖心を克服したり、人にやさしくなることを
学んだりする
彼らの遊びを見ていると、そこには
体育も音楽も道徳も社会も理科も国語も入ってるように思う

遊ぶ、という行為は奥が深い
大人が日々働く、ということ以上に真剣だったりする

だから私は、彼らから
遊ぶ、という人生の本質的なエッセンスを改めて教えてもらっている
子どもたち本当にありがとう
押し付けがましさなく 笑、
とても大切な、人生との関わり方を見せてくれている

a0003085_23534898.jpg

a0003085_23441198.jpg
@渋ぽかぽか天気@渋谷のど真ん中 周りに浮浪者のおじさんが寝ていた 
子ども達は少しだけたまった雨水を蹴るように何度も走っていた

[PR]
# by mgigi | 2009-05-25 23:07

父と渋谷

最後がいつだったか覚えてないくらい久しぶりに父と2人で渋谷に買い物にいった。

来月、定年を迎える彼は、次の舞台を準備するように
自分の部屋に新しいパソコンを設置することにした。TVや新聞だけから得る情報に
懐疑的になっていて、本腰を入れてインターネットの世界へとシフトしようと
考えているんだろうと思う。

いや〜、本当にお疲れさまだったと思う。

父は今年66。40年以上、毎日毎日働いてきた。
彼とは雲泥の差ではあるけども、私も働くという経験を少なからずしているので、
その40年という時間のなかであっただろうこと、その40年という月日の長さ、
その中で彼が育んできたこと、育まれてきたこと、我慢してきただろう感情、
ただただ本当に尊敬するし、本当にお疲れさま、という言葉以外見つからない。

渋谷の電気店に所狭しと並びすぎの電化製品たち。
物と人と情報とスピードに溢れた街。
店員の言っていることを理路整然と理解しようとする父。
店員は説明しやすい私の方に積極的にいろいろと説明する。
かつては最前線で旬な時を生きてきた1人の男が、
時代の変化をひしひしと感じているのが横にいて分かった。

祖父の世代は食べた物が良かったのか、結構タフなんだと思うけど
母方の両親を含め、祖父母は未だ4人とも健在。だけども父と母と同居をする祖父は、
世間をあっと言わせる元気印だった昔の姿とは打って変わって、
朝はパジャマを濡らしたまま散歩したりするし、一歩の歩幅は30cmにも満たない。
そんな祖父のおむつを最近父は変えたり、お風呂に入れたりしている。
それを「こういう経験ができるのは幸せなんだと思う」と泣かせるセリフを言うし、
10年前ばりばり働いていた父からは想像もできない。

つい先日訪れた鎌倉の海辺にはビール瓶などのガラスの破片が落ちていたんだけど、
波や砂で角が取れたガラスの破片は、だいこんの面取りをしたように滑らかだった。
今の父はそんな滑らかさがある。

4世代東京で暮らしている父の家系。
祖父がこの世を全うするまでは東京から動けないというけれど、
いづれは富士山を眺めながら、畑などをやりながら母と暮らすのが夢だという。

戦後、彼らのような世代がしっかりと家を守り、経済を立て直して来てくれたおかげで、
私たちはどこでも通用するパスポートを手に入れ、
何にも困らない生活スタイルを手に入れることができた。
資本主義社会の価値を置い続けてきたことによって、多くのものが失われたというけれど、
忘れてしまうくらいにがんばって来てくれたということで、
大切なことを忘れたい人なんていないわけだから。
そう思うと、私たち次の世代が享受している新しい価値観や幸せを、
前の世代も前の前の世代も受け取るのが当然だと思う。

これから、父や母といろんな場所に行きたいし、できればまた一緒に暮らしたいと思っている。
全て私が得てこられたもの、出会った人たちを彼らと共有していきたい。

進み続ける、という感覚は両親が教えてくれた。
仕事以外にいろいろと活動をしていた彼は、定年後もやることがいろいろあるようで、
それにしてもどんな風にまた新しくなっていくのか、娘としてもとても楽しみ。

少しの時間一緒にいただけだったけど、楽しいひとときだったなぁ。
[PR]
# by mgigi | 2009-05-21 21:49

Change

今月末だった沖縄が、来月末に
石垣島から離島めぐりをしようと思っていたら、宮古島に
Change~!!!

私は一部だけを支払うだけでいいという感謝の方が大きい旅、
どこへでも連れてっていただけるだけでありがたい
歳を重ねるごとに本当に、いろんな変化がたんたんと受け止められるのね


誰か、宮古島の情報あったらくださいな~

今までいただいた石垣&離島の情報は次回に活躍させていただきます~

みんなが本州に戻ってからも、ねりこと2人で2日ほど延泊しようかなと
ねりこに相談してみたら、
いいよ~だって

最近、朝起きたらずっと歌いながら一人でおえかきしたり、人形と会話してたり
機嫌がいい 
前は怒っていた小さなことでも、説明すると「あ、そっか~」とか言うようになって
チャンネルが切り換えられるようになって、気を抜いて生きているのが分かる
「魔の2歳児」と呼ばれるのがひと段落したのかな それだけ成長したんだな~
ねりこも私も

そうすると、育児がとても楽になってまして、
こうやって楽になったら楽になったで、
私自身の許容範囲がまた元に戻ってしまうのが、悲しいかな
もういろいろできるようになってくると、いろいろできるとと決めつけてしまって
そうやって付き合うと、ちょっとしたことで、イラっと来たりするのよね
せっかく広くなった私の許容範囲も、そのまま広いまま
心を広いままにするように心がけよう

あ~、でも楽になると尚更楽しさが倍増

楽と楽しいという字が同じなのがよく分かる~


こっちは、全然楽じゃない話


Invisible Children
* Menuをクリック、Watch the Movieね

下村靖樹さんというフォトジャーナリスト
[PR]
# by mgigi | 2009-05-21 12:18

初体験

totoとたくみ君、素敵な男子2名が主催するsun9というイベント
逗子にある、平屋を改造した焼き鳥屋
モーフの旅という、スナフキンサイケデリックワールドバンド
そして、私も自分のブログメンタリーについて話しをさせてもらいました

人前でマイクを握って何かを話す、という設定は、今までずっと避けてきたこと
そういうことを頼まれた時はだいたい断っていたし、とにかく性に合わないと思っていた
でもここ数年、私の将来の為に、ここは一つ越えておいた方がいい山だと思ってもいた
だからもうそろそろいいかなと思って、1年に1度くらいしか会わないtotoだけど
私は彼の何かをすごく大切に丁寧に扱う雰囲気がとても好きで、
彼のイベントがデビューになるのは、どこかですごくいい環境だと感じたので
ぜひぜひ、と彼からそのような提案があった時に電話で返事をした

デビューと言ったって、ただ話すだけのことなんだけど
私の知る私の世界ではとても大きな一歩だった
緊張感を分散するために、totoとたくみ君にも一緒にマイクを握ってもらって
質問形式で私が答えるというやり方にしてもらった
2人とも、それこそそういうスタイルでゲストに話してもらうのは、
自分たちも初めてで緊張するということで、
イベントの主催者はただでこそ気にすることが多いのに、
快く一緒にレンジャーになってくれてありがとう
おかげさまで、全然緊張しないで自分の想いを伝えられました
どれだけ伝わっていたのかを客観的に感じるほど余裕はなかったけど、
自分の明日がもっと可能性が広がったのを感じて、1人、充足感に包まれながら帰宅しました

ねりあは、虫が苦手だったのに今では何でも触ってみようと、好奇心の方が強くて
それは、自分自信で苦手意識を分かっていた時と比べると
彼女の知る彼女の世界でも、その一歩を越えようとしたことはとてもダイナミックな出来事

私も、まだまだ何歩も先へ行ける

それはねりあの毎日に感化され続けているんだと思う

当日、プロジェクターに繋げるケーブルがなく
近くに住むkokoに電話をしたら
家が空いてるから勝手に入って持ってていいよ、と助け舟を出してくれて
結局せっかく借りたのにそれでも繋がらなかったけど
そこに居てくれたことがとても幸せでした 
応援メールをくれたAki, KiKi
昨日、そこに居合わせてくれた人たち、そしてその機会を作ってくれたtotoとたくみ君
私の知る私の世界では、節目になった1日
そういう1日を迎えられるのはとても幸せなことです
どうもありがとう

いつか、何年か先に自分が辿り着いたとき、
例えばハンモックに揺られて、自分がどこまで来れたのかを感謝する時、
昨日の出来事は、きっと思い出す風景の1つなんだと思います

昨日は8回目だったらしいけど、9回目、10回目と続けていってください
弟がいたらきっとこういう愛情を抱くんだろうな、というものを勝手に感じてました 笑

私自身も昨日、朝起きてから夜床につくまで、
3度、「続けていく」というキーワードが降りてきた1日でした
あぁ、1個はモーフの旅の歌詞にあったよね

Sun9
[PR]
# by mgigi | 2009-05-18 22:11

トーク!?

今週の日曜日、totoくんのイベントでお話をすることになりました。人前で話すの苦手です…。
でもとってもいい経験になると思います、という点では緊張を越え、とても楽しみです。
近くにいる方はぜひお越しください♫ totoくん、この機会をどうもありがとう。

To-To Tempo
http://blog.livedoor.jp/toto463/archives/52351461.html

a0003085_1155660.jpg
[PR]
# by mgigi | 2009-05-15 01:17

生活の音

いい風です

本格的な夏になる前の過ごし易い夜
窓を開けて雨戸で寝るこの季節は、近所の生活の音がよく聞こえる
しかし日本の家は、家と家との距離が近い this is アジアですねー
ある意味、かなりセキュリティ高いです 笑

お隣りのファミリーは毎晩のように会議を開いている
うちと同じ広さで5人で身を寄せ合っている 驚
おそらく自分の部屋なんてないんだろうから、何かを話し始めるとどんどん会話が発展
していくのかな
結構真剣な話しが毎晩行われているんです

詳細までは聞こえないけど、お父さんであろう人の
「それは分かるよ」「それはおまえ違うよ」というようなものに対して、娘が
「だってさ、それおかしいじゃん」「そういう言い方しないでよ」とかそういう感じ
ちゃんとコミュニケーションを取っていて本当に素敵
時折、逃げ場がなくって、おいつめられた娘の怒りや哀しみも聞こえてきます

ちなみに私、最近うわべの会話が好きなんです これも不思議

深い話しをしないで、なにげない話しの中から“感じ取る”というのがなんかいいんです

今までたっぷり深い話し大好きっこでいろいろと語り続けてきたけど、
それのおかげで、今はなんてことのない話しも、じんわりとした深みを感じられるようになりました

鎌倉、いい街でしたぁ
被写体のkokoさんと一緒に街を散歩していると、何人もの地元の友達にあって
たくさんの人たちが仕事とは別に、地元の活動に関わっていることが分かりました
その街ですべてが完結する
あまり外にでかけないでもいいんだよってkokoさんも言ってました
海も山もあって、食も文化も充実してて、意識の高い人が多いなら確かに言うことない
なんかNYみたいな感じでした私にとって
カフェで座っていると、次から次へ知り合いに会う、みたいな
そう思うとやっぱり東京という街は大きいんだなぁ、と改めて思います

kokoさんのブログメンタリー始まりました♫ 
彼女のキッチンにRAJA RAMに描いてもらったという絵が飾ってあり、
わお、テンションの上がる撮影でした
とっても素敵な女性です
人間って1日にこんなにたくさんのことがこなせるものなんだと、終止関心しっぱな私でした
ねりこもkokoの愛娘テラと一緒に鎌倉をたっぷり満喫
また行きたい〜の連呼でした

この出会いをありがとう

a0003085_22454773.jpg
a0003085_22544257.jpg

a0003085_22452962.jpg
[PR]
# by mgigi | 2009-05-12 22:47

improvised



K'naanとNelly Furtadoという女性歌手がmtvの収録のためにperformしたものです
これのすごい所は、
歌詞は決まっていたのでしょうが、どちらがどのタイミングでそのセリフを歌うのか、
またどこで一緒に歌うのか、バンドのメンバーのplayも含め
すべてがその時の即興演奏です

緊張感を楽しむ2人の表情や、楽しさに満ちた笑顔
ウタが終わった後に、magic!という言葉を誰かが言っていたけど
起こっていることが細かく見えるようになってくると、
うっすら涙が出てしまいます

Hello people.

Long time no talk. I've been busy making some new music.
You know what, I got a plan to share some of the new songs…
But first, check out the new video on my profile. It's from a
taping for an mtv performance, with me and the beautiful
Nelly Furtado. The song was mostly improvised, and we did not
know who would sing at which point, this is why, if you listen
closely, you can hear me say to Nelly, "I'll take it" because for
a moment, we're both kinda waiting for the other to say something...
and she responds "ok" and at another point, she says out the line
"remember" to prompt me. And so on. The mtv camera people
keep swerving back and forth to catch the words, and Nelly and I
are smiling at each other enjoying the pressure.
It was a very rare and beautiful moment. Enjoy the
song, I think we called it 'Going Away'.

K'naan.
[PR]
# by mgigi | 2009-05-10 10:29